天然素材一覧

ヒポファエラムノイデス種子油 - 抗酸化作用、皮膚のコンディショニング、保湿ヒポファエラムノイデス種子油
沙棘(サジー)
抗酸化作用、皮膚のコンディショニング、保湿

 「沙棘種子油」(シーベリーオイル)サジー。別名サジーオイルとも呼ばれる。東ヨーロッパや中国に自生するグミ科の沙棘(サジー)の果肉と種子から採れるオイル。
 沙棘は太陽を好み、過酷な環境下でもたくましく育ち、強い生命力を持つことから「維力(ウイリー)」とも呼ばれます。日本では「ヒッポファエ」としても知られています。中国では野生薬用植物として用いられています。
 ウミクロウメモドキ油には強い抗酸化作用があり、乾燥肌や疲れた肌に活力を与えるなどスキンケア効果が高い。酸化防止、老化防止のスキンケア目的で化粧品に配合されています。パルミトレイン酸など多くの不飽和脂肪酸を含み、皮膚細胞の再生を促しキズの回復を助けます。
 「ビタミンと栄養素の宝庫」といわれるオレンジ色の実には、パルミトオレイン酸ほか、カルシウム、鉄、 カリウム 、亜鉛などさまざまな ミネラル 、ビタミン、 アミノ酸 とポリフェノールカロチノイドやビタミンE、フラボノイドや有機酸などがバランス良く含まれています。
 豊富なビタミンCを中心に、ビタミンE、ベータカロテンなど多くのビタミンを含み、多くの栄養成分が含まれ保湿効果も高く、肌の炎症を抑え、肌にハリと透明感を与えます。


ヒポファエラムノイデス種子油  ヒポファエラムノイデス種子油  ヒポファエラムノイデス種子油


天然素材一覧へ戻る

Japanese - English



モフィード商品